クルミの豆知識・栄養特性

ウォールナッツ(くるみ)WALNUT(英) クルミ科クルミ属

古代ペルシャが原産地といわれるくるみは、紀元前7000年から人類が食用にしていた最古の木の実で、その効能も重用されていたといわれています。1770年頃、くるみの木はカリフォルニアへと渡りました。
今日、カリフォルニア産のくるみは、優れた品質管理基準のもとに栽培、収穫、加工、貯蔵され、世界の生産量の約2/3の需要を満たす主要産地となっています。
【栄養特性】
クルミは、ナッツ類でオメガ3脂肪酸を最も多く含んでいます。さらに抗酸化値がナッツ類で最も高く、ビタミンE、ビタミンB1、ビタミンB6、葉酸、マグネシウム、銅、亜鉛などのビタミンやミネラルをはじめ、食物繊維、メラトニンなど人間の健康維持、増進に必要な成分が含まれています。

«栄養成分表» くるみ(いり)(100g当たり)    栄養成分情報 
エネルギー 674kcal ナトリウム 4mg 1.21mg
たんぱく質 14.6g カリウム 540mg  ビタミンE 1.2mg
脂質 68.8g カルシウム 85mg ビタミンB1 0.26mg
炭水化物 11.7g マグネシウム 150mg ビタミンB2 0.15mg
 糖質 4.2g 2.6mg ナイアシン 1.0mg
 食物繊維 7.5g 亜鉛 2.6mg 葉酸 91μg
日本食品標準成分表2015年版(七訂)より
Page Top