カシューナッツの豆知識・栄養特性

カシューナッツ CASHEW(英) ウルシ科カシューナットノキ属

カシューナッツの木は、ブラジルが原産で16世紀にポルトガル人がインド、東アフリカ、東南アジアに防風林として植林したのが始まりと言われています。カシューナッツの生産国は、インド、ブラジル、タンザニア、モザンビークなどですが、インドは独自の脱殻方法を用いて世界最大の生産・輸出国となっています。
【栄養特性】
カシューナッツに含まれる脂質の約60%が、一価不飽和脂肪酸であるオレイン酸です。また、ビタミンB1やマグネシウム、鉄、亜鉛、銅などのミネラル類も豊富に含まれています。
歯触りが柔らかく、マイルドな甘味が人気で、スナック用や中国料理などに利用されています。

«栄養成分表» カシューナッツ(フライ、味付け)(100g当たり)    栄養成分情報 
エネルギー 576kcal ナトリウム 220mg 1.89mg
たんぱく質 19.8g カリウム 590mg  ビタミンE 0.6mg
脂質 47.6g カルシウム 38mg ビタミンB1 0.54mg
炭水化物 26.7g マグネシウム 240mg ビタミンB2 0.18mg
 糖質 20.0g 4.8mg ナイアシン 0.9mg
 食物繊維 6.7g 亜鉛 5.4mg 葉酸 63μg
日本食品標準成分表2015年版(七訂)より
Page Top